ウォッチストア

大衆向けで人気の「カシオ」

では大衆向けの腕時計として考えた場合に、一番最初に思いつくのは「カシオ」ではないでしょうか?

電卓産業でピークを統治したカシオは、収益基盤を強くするために時計産業の進歩を選びました。
それらの日、メカニカル式から変わっていた水晶腕時計タイプ・デジタル時計は、クリスタルオシレーターのパルスを数えるカウンターおよびLSI技術を利用します。

それは閉鎖されたとされており「1秒間1秒間追加を行なっている、容易な加算機」であると考えられ、極限への電卓で養われました。

1974年には、カシオ「カシオTRON」の電子腕時計1番が、市場に出るでしょう!
第1号として「G-SHOCK」に、どれが今カシオの腕時計を表わすかは1983年に市場に出ました。
それは、腕時計の世界へ腕時計にそれまでめったに使用されなかった保護技術をよくもたらした成功の要因です。

人気は、逆輸入の形でさらに海外でも後に爆発します。
顕著な固体は買われ、現代の腕時計産業を牽引しています。
戦うために急送された軍人などによって規則的に使用されるような不足が継続する程度まで猛烈な成功を引き起こすように継続されています。

このように海外でも人気の高いカシオの腕時計は、機能性にも優れているようです。